おだんご擬宝珠 蓋物|吉村茉莉

SOLD OUT

作品説明

九谷焼の伝統的な技法の赤絵細描を用いて、擬宝珠(ぎぼし)の形がモチーフの器に繊細な絵柄が施された作品です。擬宝珠(ぎぼし)とは、伝統的な建築物の装飾のことで、橋や寺院の階段などの柱の上に設けられている飾りのことを指します。

和と洋どちらにも合いやすいデザインでオブジェとして飾っていただいても十分な見応えがあります。

<ご注意点>
可能な限り、実物に近い色味の再現に努めておりますが、お客様のモニターのご利用環境によって、作品の色味の見え方が多少異なる場合がございます。予めご了承のほどお願い致します。

九谷焼 | 吉村 茉莉

プロフィール

  • 2011年 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
  • 2011年 福島武山氏に師事
  • 2012年 同研修所研究科卒業
  • 2015年 金沢卯辰山工芸工房修了
  • 現在、金沢で制作を行う

詳しいプロフィールはこちらでご覧いただけます。

作品詳細

素材 磁器(九谷焼)
技法等 赤絵細描
箱の種類 木箱

作品サイズ

サイズ 直径:約80mm、高さ:約85mm

お取り扱い上のご注意

  • ・本来の用途(置物)以外には、ご使用にならないでください。
  • ・乾いた布等で軽くホコリを拭き取ってください。
  • ・強い衝撃を与えると破損の原因となりますので、お避けください。
  • ・設置する際は安全面を考慮して落下の可能性が低い場所に設置してください。
  • ・できるだけ直射日光を避けてご使用ください。絵の具が変色する場合があります。

在庫について

実店舗と在庫を共有しているため、タイミングにより在庫にズレが生じることがございます。あらかじめご了承ください。欠品が生じましたら当店よりご連絡させていただきます。

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
楽天Payは対象外