音のする塔 硯|工藤武

販売金額:38,500円(税込)

購入数:

作品説明

音楽や楽器をテーマに、エキゾチックな装飾が施された九谷焼の硯です。

縁の立体的な装飾は、「笙(しょう)」と呼ばれる日本をはじめとする東アジアで広く使われている楽器がモチーフです。また、陸には唐草模様、背面には楽器を奏でる人物が描かれ、非常に装飾性が高い作品となっています。

書道をする上で必要な道具(筆、墨、硯、紙)を文房四宝を言い、硯はその一つです。この四つの文房具の中で、硯は特に重んじられ、美術品として収集されています。

硯としてもお使いいただけますし、観賞用としてコレクションして楽しむのも素敵です。

20代の頃にインドやネパールなどのアジアを旅し、その後九谷焼の技術研修所で教鞭を執られた工藤さんは、様々な地域や時代の陶芸の技術や技法、文化の見識が幅広く、それらが作品の随所に生かされています。九谷焼の伝統だけにとらわれず、工藤さんご自身が楽しみながら制作された、新しさの中にも懐かしさや温かさを感じさせる作品です。

<ご注意点>
可能な限り、実物に近い色味の再現に努めておりますが、お客様のモニターのご利用環境によって、作品の色味の見え方が多少異なる場合がございます。予めご了承のほどお願い致します。


九谷焼 | 工藤 武

プロフィール

  • 1955年 青森市生まれ
  • 1974〜82年 金沢大学 法文学部
  • 1978〜80年 パキスタン国パンジャブ大学、インド、ネパールを歩く
  • 1984〜2015年 石川県立九谷焼技術研修所 在職
  • 2015年 個人での制作を始める

  • 詳しいプロフィールはこちらでご覧いただけます。

作品詳細

素材 磁器(九谷焼)
箱の種類 紙箱

作品サイズ

サイズ 約190mm × 120mm × 20mm

配送オプション

ギフト包装 可(こげ茶色の無地の包装紙でのラッピング)

お取り扱い上のご注意

  • ・本来の用途(書道具、オブジェ)以外には、ご使用にならないでください。
  • ・乾いた布等で軽くホコリを拭き取ってください。
  • ・強い衝撃を与えると破損の原因となりますので、お避けください。
  • ・設置する際は安全面を考慮して落下の可能性が低い場所に設置してください。
  • ・できるだけ直射日光を避けてご使用ください。絵の具が変色する場合があります。

在庫について

実店舗と在庫を共有しているため、タイミングにより在庫にズレが生じることがございます。あらかじめご了承ください。欠品が生じましたら当店よりご連絡させていただきます。