paku 酒器 A|富永一真

販売金額:17,280円(税込)

購入数:

作品説明

見る角度によって色や質感、テクスチャ等の複雑な表情を楽しめる、ガラスの酒器です。

加熱することで様々な色に発色させたガラスを、急速に冷やすことで焼き縮みによる小さなヒビの模様(アイスクラック)を発生させています。

更に器の外側にはプラチナと色ガラスを加飾し、メタリックな質感と色の変化を加えています。一見偶発的にも思えるテクスチャですが、これは富永さんが何回となく制作と実験を繰り返す中で会得した技法によって、コントロールして生み出されています。

卯辰山工芸工房にて、陶芸などガラス以外の工芸作家さんと交流する中で、富永さんが刺激を受けて取り組んだアイディアが見事に昇華した作品の一つです。

<ご注意点>
可能な限り、実物に近い色味の再現に努めておりますが、お客様のモニターのご利用環境によって、作品の色味の見え方が多少異なる場合がございます。予めご了承のほどお願い致します。


ガラス | 富永 一真

プロフィール

  • 2006年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科ガラスコース入学
  • 2010年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科ガラスコース卒業
  • 2010〜2012年 大阪府立西野田工科高校特別非常勤講師
  • 2012〜2017年 大阪芸術大学短期大学部非常勤副手
  • 2017年 金沢卯辰山工芸工房 入所

  • 展示|賞歴

  • 2012年 美の冒険者達ー出藍の誉れ (大阪伊勢丹)
  • 2013年 テトラグラス(最果てのクジラ) (ギャラリー KU-)
  • 2014年 語り手展 (ギャラリー道)
  • 2015年 白川野外彫刻展 (京都 白川)
  • 2016年 「涼を愛でる、アートの世界」 (新宿伊勢丹)
  • 2017年 新古宮展 (伊丹市立伊丹郷町館)
  • その他グループ展受賞歴多数

詳しいプロフィールはこちらでご覧いただけます。

作品詳細

素材 ガラス
技法等 還元雰囲気
箱の種類 紙箱

作品サイズ

サイズ 約70 × 65 × 45mm

配送オプション

ギフト包装 可(こげ茶色の無地の包装紙でのラッピング)

お取り扱い上のご注意

  • ・直火、電子レンジ、オーブン、食洗機、食器用乾燥機はご使用いただけません。
  • ・ガラスの作品です、強い衝撃を与えると破損する可能性があります。
  • ・強くこするとプラチナ箔が剥がれていきます。お手入れをする際はやわらかい布を使用してください。
  • ・また、洗剤で洗う際はやわらかいスポンジをご使用ください。
  • ・急激な温度変化(急冷・急加熱)等で割れることがありますので、ご注意ください

在庫について

実店舗と在庫を共有しているため、タイミングにより在庫にズレが生じることがございます。あらかじめご了承ください。欠品が生じましたら当店よりご連絡させていただきます。