葡萄茶彩描 丸紋 馬上杯|上端伸也

SOLD OUT

作品説明

本来の九谷焼には無いオリジナルの葡萄茶(えびちゃ)色による細描が特徴的な上端伸也さん。

自自身で制作した素地を、酸化焼成でマットなアイボリー色にした上に、繊細な筆遣いで描かれる独特の文様は、ヨーロッパの建築物の装飾などからインスピレーションを得ています。

こちらはそんな上端さんの代表的なモチーフ「丸紋」が描かれた馬上杯です。緻密な描き込みが真骨頂の「葡萄茶細描」ですが、進化し続ける文様や、アクセントに入れた九谷のガラス質の和絵具が、毎回違った雰囲気を漂わせています。

木箱入りです。

<ご注意点>
可能な限り、実物に近い色味の再現に努めておりますが、お客様のモニターのご利用環境によって、作品の色味の見え方が多少異なる場合がございます。予めご了承のほどお願い致します。


九谷焼 | 上端 伸也

プロフィール

  • 日本現代工芸美術家協会 会員
  • 石川県美術文化協会 会員
  • 金沢市工芸協会 協議員

  • 1983年 石川県金沢市生まれ
  • 2002年 石川県立九谷焼技術研究所 本科 入学
  • 2003年 寺井美術作家協会設立30周年記念公募展 努力賞
  • 2004年 「酒の器・展」 入選
  • 2005年 石川県立九谷焼技術研究所 本科・研究科 修了
  • 2005年 卒業制作展パーマネント・コレクション(最優秀賞) 選定
  • 2007年 第30回 伝統九谷焼工芸展 新人賞  受賞
  • 2011年 第35回 石川県伝統産業技能奨励者  認定
  • 2012年 第27回 石川の現代工芸展 エフエム石川社長賞  受賞
  • 2013年 第52回 日本現代工芸美術展 初入選
  • 2014年 第70回 記念現代美術展 最高賞(金沢市長賞・技術賞) 受賞
  • 2015年 世界工芸コンペティション ・ 金沢2015〜茶の時空間〜 入選
  • 2016年 第72回現代美術展 委嘱 出品
  • 2017年 金沢・世界工芸コンペティション 入選
  • 2018年 第57回日本現代工芸美術展 現代工芸本会員賞
  • その他グループ展、受賞歴多数

詳しいプロフィールはこちらでご覧いただけます。

作品詳細

素材 磁器(九谷焼)
技法等 上絵、金彩
箱の種類 木箱

作品サイズ

サイズ 直径: 約68mm、高さ: 約80mm

手作りの作品のため、サイズに多少の前後はございますので予めご了承ください。

お取り扱い上のご注意

  • ・直火、電子レンジ、オーブン、食洗機、食器用乾燥機はご使用いただけません。
  • ・使い終わった後は柔らかいスポンジ等で優しく洗ってください。
  • ・絵付け、金彩、銀彩等が施された器は、あまり強くこすらないようにしてください。
  • ・洗い終わった後はよく水を切り、乾いた布等で水を拭き取り、よく乾燥させてから収納してください。
  • ・ご使用後はなるべく早めに洗ってください。

在庫について

実店舗と在庫を共有しているため、タイミングにより在庫にズレが生じることがございます。あらかじめご了承ください。欠品が生じましたら当店よりご連絡させていただきます。

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元
楽天Payは対象外