紫陽花 茶巾筒|作道 僚子 

販売金額:24,200円(税込)

購入数:

作品説明

石膏型に熱したガラスを巻き付ける「コアガラス」という技法で制作された茶巾筒です。

草花やレース模様は描いているのではなく、全てガラスで作られたパーツ(ミルフィオリ)を組み合わせて制作しています。

お茶席での茶巾入れとして使えますが、酒器や花器としてもご自由にお楽しみいただけます。

「コアガラ」は、ガラス器の成形法の一つ。メソポタミアで紀元前1600年頃に始まり、紀元前1世紀頃に吹きガラス技法の発明とともに途絶えたとされる。金属棒の先に耐火粘土等でコア(核)を造り、溶かしたガラスで覆い整形徐冷し、中のコアを掻きだし仕上げる。吹きガラス等では表現し難い、繊細な立体表現も可能な作品です。

<ご注意点>
可能な限り、実物に近い色味の再現に努めておりますが、お客様のモニターのご利用環境によって、作品の色味の見え方が多少異なる場合がございます。予めご了承のほどお願い致します。

ガラス | 作道 僚子

プロフィール

  • 1989年 金沢大学教育学部中等美術科卒業
  • 1993年 富山ガラス造形研究所造形科卒業

詳しいプロフィールはこちらでご覧いただけます。

作品詳細

         
素材 ガラス
技法等 コアガラス
箱の種類 紙箱

作品サイズ

サイズ 直径: 約32mm、高さ: 約60mm

お取り扱い上のご注意

  • ・電子レンジ、オーブン、食洗機、食器用乾燥機はご使用いただけません。
  • ・使い終わった後は柔らかいスポンジ等で優しく洗ってください。
  • ・絵付け、金彩、銀彩等が施された器は、あまり強くこすらないようにしてください。
  • ・洗い終わった後はよく水を切り、乾いた布等で水を拭き取り、よく乾燥させてから収納してください。

在庫について

実店舗と在庫を共有しているため、タイミングにより在庫にズレが生じることがございます。あらかじめご了承ください。欠品が生じましたら当店よりご連絡させていただきます。